三菱UFJニコス、横須賀市の「衣笠商店街プレミアム商品券」発行業務を受託

2016年8月4日8:30

J-Mups端末を活用し、コストを抑えた運用が可能に

三菱UFJニコスは、神奈川県横須賀市と提携し、衣笠商店街振興組合と衣笠仲通り商店街協同組合が2015年11月27日~29日の3日間で販売した「衣笠商店街プレミアム商品券」の発行業務を受託した。カード型のプレミアム商品券がサーバ管理型プリペイドカードに対応した珍しい事例となったが、同取り組みの成果について話を聞いた。

「J-Mups」1台でクレジットカード、電子マネーの利用も可能に
プリペイドカードは「デジコイン」の仕組みを活用

「衣笠商店街プレミアム商品券」の取り組みは、横須賀市からの支援のもと、衣笠商店街振興組合と衣笠仲通り商店街協同組合が同商品券の発行者となり、販売促進や利用者からの照会対応などを担う。三菱UFJニコスは、カード作成や発効後の残高管理、加盟店審査・精算業務、決済端末設置などのインフラ整備を受託した。

右が三菱UFJ ニコス 営業第2 本部 EC ビジネスユニット EC 推進企画部 上席調査役 細野貴史氏。左の同本部アクワイアリング営業第3 部 調査役 小山佳晃氏は「J-Mupsはインターネット回線のため、決済のスピードも速く、好評でした」と話す

右が三菱UFJ ニコス 営業第2 本部 EC ビジネスユニット EC 推進企画部 上席調査役 細野貴史氏。左の同本部アクワイアリング営業第3 部 調査役 小山佳晃氏は「J-Mupsはインターネット回線のため、決済のスピードも速く、好評でした」と話す

当初は学生向けの奨学金をプリペイドカードで支給するなどの構想もあったが、そんな中、横須賀市が地域住民生活等緊急支援のための交付金を活用し、カード型のプレミアム商品券を導入することとなった。同事業は、複数の企業からの入札となったが、三菱UFJニコスが業務を受託した。

「衣笠商店街プレミアム商品券」。従来の紙製ではなく、クレジットカードと同じサイズのプラスチック製で、券面には明治14 年の横須賀製鋼所(造船所)の絵地図が施されている

「衣笠商店街プレミアム商品券」。従来の紙製ではなく、クレジットカードと同じサイズのプラスチック製で、券面には明治14 年の横須賀製鋼所(造船所)の絵地図が施されている

三菱UFJ ニコス 営業第2 本部 EC ビジネスユニット EC推進企画部 上席調査役 細野貴史氏は、「弊社が提供する『J-Mups』端末により、1台でカード型のプレミアム商品券に加え、クレジットカードや電子マネーも使えるようにするなど、継続的に地域のお店の方に使っていただく仕組みを提案させていただきました」と説明する。

三菱UFJニコスでは、古くから「デジコイン」いうネットワーク型電子マネーを運用しており、「そのシステムをベースとして活用することで、システム投資を抑えることもできました」と同氏は続ける。

mun2

発行枚数はすべて売り切れ、約3 カ月の利用期間の中で99%近い利用率となった

「プリペイドカード&ギフトカードガイドブック」から一部抜粋

page toppagetop