12ブランド対応の「マルチ電子マネー決済端末」レンタルサービス導入拡大(YFC)

2016年8月5日9:04

ヤマトホールディングス傘下のヤマトフィナンシャル(YFC)は、複数の電子マネーを1台の端末で決済できる「マルチ電子マネー決済端末」のレンタルサービス導入を拡大すると発表した。

対応する電子マネーは、「nanaco」「楽天Edy」「WAON」交通系電子マネー(「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」)となる。端末利用料は、1台あたり週5,000円、月8,000円、同時に複数台利用の場合、2台目以降は週3,500円、月6,000円となる。なお、決済手数料は1件あたり決済金額の4%。

利用フロー図。事業者は電源を用意していただくのみの簡単な設置作業を行う必要がある

利用フロー図。事業者は電源を用意していただくのみの簡単な設置作業を行う必要がある

2014年のレンタルサービス開始以降、販売が順調に推移していることに加えて、「FUJI ROCK FESTIVAL」や「肉フェス」「まんパク」「激辛グルメ祭り」「ガーリックパラダイス」などで導入が広がっているという。特に「FUJI ROCK FESTIVAL」では2014年には12台の導入台数だったが、2015年には33台、今年2016年には133台と10倍となり、現金授受の負担や行列を軽減したほか、90分待ちの行列ができると言われている「肉フェス」でも2014年から端末を導入してもらい、食券を買う待ち時間ゼロ、商品を受け取るまでの時間半減を実現した。

今後もイベント主催者や購入者の会場内での決済シーンにおける利便性をさらに高めるため、さまざまなジャンルのイベントに対して提案を進めていく。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop