「EC-Orange」にてリンク型決済「ルミーズ」導入(Sテック)

2016年8月5日14:13

エスキュービズム・テクノロジー(Sテック)とルミーズは、クレジットカードをはじめとする各種決済サービス提供について業務提携したと発表した。これにより、SテックのEC構築パッケージ「EC-Orange」にて、リンク型決済「ルミーズ」が決済ツールとして提供される。

今回の両社の提携により、政府やクレジットカード業界が求める「ネットショップ側でのカード情報の非通過化」に準拠する「リンク型」の決済システムを標準提供する。「EC-Orange」がリンク型の決済システムを導入するのは、今回が初めてとなる。リンク型以外の方式では、クレジットカード情報がネットショップ事業者側のサーバーを経由することになり、カード業界が推進するデータセキュリティ基準「PCI DSS」に準拠することが求められている。「PCI DSS」に準拠するためには、ハード・ソフト両面で莫大なコストが必要となる。

今回の提携により、リンク型の決済システムを標準使用できるようになるため、セキュリティリスクおよびコストを大幅に低減できる。また、ルミーズとのシステム接続にかかる開発費用の負担も発生せず、ルミーズが提供する各種決済手段を導入できるようになった。

なお、ルミーズは、2001年6月からサービスの提供を開始。累計5,000サイト以上に導入されている決済代行である。

 

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop