EC事業者が海外販売できる購入代行サービス取扱開始(GMO-PG)

2016年8月5日14:25

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)は、越境ECを始めたい事業者から現地法人を設立する事業者まで、幅広く海外EC展開事業者を支援するべく、FROM JAPANが提供する、越境EC購入代行サービス「バナーをはるだけで海外販売」を、2016年8月15日より取り扱うと発表した。

20160805gmopg

越境EC事業支援としてGMO-PGでは、海外向け広告配信運用代行などの集客手段や、自社で越境ECを展開する事業者向けに必要な決済手段の提供、現地法人を設立するEC事業者向けの支援サービスなどを展開している。

「バナーをはるだけで海外販売」は、EC事業者が、自社サイトで提供している日本語の商品ページに所定のバナーを貼るだけで、訪問した海外消費者に最適な外国語で商品・決済ページを表示させ、注文の完了・配送までを行えるサービスとなる。日本語サイトに訪問した海外の消費者は、該当のバナーを押すことでFROM JAPANの専用サイトへリンクし、各国に適した言語に自動翻訳された商品・決済ページ上で購入までを行うことができる。

同サービスでは、FROM JAPANが海外の消費者に代わってEC事業者のサイトで商品を購入し、海外消費者への発送・問い合わせ等を行う仕組みのため、EC事業者は、海外向け決済手段の準備・配送・法制度対応や外国語での顧客対応といった手間が発生しないうえ、売上代金の未回収リスクもなく越境ECを開始することが可能だ。

GMO-PGでは、越境ECを始めたい事業者向けの「バナーをはるだけで海外販売」をはじめ、自社で越境EC事業を展開する事業者、さらには現地法人を設立するEC事業者まで、幅広くEC事業者の海外展開を支援していく方針だ。

なお、2016年8月24日にGMOインターネットグループが主催する「GMO ECカンファレンス2016」内において、「越境ECセミナー」を同時開催するという。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMO

03-3464-2323
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F

ネットショップやデジタルコンテンツなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など6万7,921店舗(GMO-PGグループ2016年3月現在)の加盟店に総合的な決済関連サービスを提供しております。
また、決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービス等の付加価値サービス、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の金融関連サービスの提供、海外決済サービス提供等の海外事業などを行い、年間決済処理金額は1.8兆円を超えております。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop