東京都知事選とスマートシティ構想(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月7日12:02

東京都知事選は終わったが、世界最大の都市である東京をスマートシティにするための構想を早急に打ち出し、実行に移さなければならない。

 

世界中で人口の都市化が進んでいる。エコノミストは、2050年までに先進国では人口の86%が都市で暮らし、新興国では64%が都市部へ集中すると予測する。

 

人口増加に耐え、快適な暮らしを提供するための都市計画は必須。それが世界で進むスマートシティ構想である。

 

ガスや電力などエネルギーの効率的供給、交通システム、情報基盤の整備、公共サービスの拡充、そして地域包括ケアの5つがスマートシティ構想の核となっている。

 

東京オリンピックは世界に東京をアピールできる絶好の機会である。このチャンスを逃す手はない。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop