ドイツ大手小売の6割がNFCでキャッシュレス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月12日9:00

欧州先進国の中でキャッシュレスが遅れているのがドイツである。日本と同じように現金派が多い。

 

しかしここ数年、消費者の決済動向に変化があらわれている。はやく、簡単で、安全な決済は、現金ではなくカードやモバイルを活用した電子決済だということがわかってきた。

 

特にNFC非接触決済は、磁気カードやICカードよりトランザクションスピードがはやく、消費者に好まれている。ドイツの小売業もNFCの生産性を認識しはじめた。

 

決済端末メーカーのベリフォン調査によると、2016年末までに大手小売の60%がNFC決済を受付ける予定。残り4割のうち、3分の2は近い将来NFCを導入すると回答している。

 

現在ドイツでは、NFCに対応したモバイル機器は600万台、カードは2,700万枚。この数字からするとNFC利用はまだ黎明期である。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop