オリンピックにご用心(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月14日21:37

オリンピックがブラジルのリオではじまった。期間中に世界から約50万人の外国人が訪れると予測されている。

しかし、ブラジルはカード不正の多い国。MCIとAite Groupが実施した調査によると、2015年にカード不正にあったブラジル人は49%もいた。2人に1人はカード不正にあっている。

世界で最もカード不正が多かったのはメキシコで、56%だった。ブラジルは世界第2位のカード不正被害大国である。ちなみに第3位は米国で47%だった。

ではどうすればカード不正を防げるか。専門家は磁気カードをつかわず、ICカードを使うことを推奨している。磁気カードは簡単にスキミングできるが、ICかカードは偽造がむずかしい。

ICカードでもPINを盗まれると悪用される恐れがある。簡単にPINをみられないようにすることが大切だ。

ブラジルはスリやひったくりも多い。現金は盗まれても返ってこないが、カードならすぐに利用を止められる。オリンピックには現金ではなく、カード、しかもICカードを忘れずに。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop