米国クレジット負債総額73兆円(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月21日9:00

FRBニューヨークによると、2016年第2四半期のクレジット負債総額は7,290億ドル(73兆円)で、第1四半期より170億ドル増えた。これはオートローンとクレジットカードの残高の伸びによるところが大きい。

 

これまでクレジット負債総額が最も多かったのは2008年第4四半期。その時の負債総額は8,660億ドルだった。クレジットカードの延滞率は2008年をピークに改善しつづけている。

 

クレジットカードを1枚以上保有している人の利用率を経年でみると、最も高かったのは2008年の第2四半期で68%だった。それがリーマンショック時には59%まで急降下した。それ以降、カード発行銀行はクレジットカード口座を積極的に閉鎖している。

 

カード利用率がふたたび増えはじめたのは2013年から。現在の利用率は61%である。グラフでみると、クレジットスコアの高い人(信用度の高い人)のほうが、利用率が高い。

 

現在借り手の約半数がサブプライム(クレジットスコアが620以下)。2007年は60%を超えていた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop