CVSが独自モバイルPay(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月25日9:00

ドラッグストアのCVSはモバイル決済サービスをスタートした。店頭での商品支払いや処方薬の受取りがモバイルで可能になる。

 

モバイル決済の名称はCVS Pay。モバイル画面に表示するバーコードを店頭でスキャンする。NFC非接触決済ではない。

 

アプリケーションをダウンロードできるモバイル機器であれば、ほとんどのもので使える。

 

今回のリリースにあたり、CVSはリウォーズカードをモバイルアプリに統合。商品購入や処方薬のピックアップ時に自動的にリウォーズを付与するようにした。

 

処方薬については本人確認のための手間のかかる作業があったが、CVS Payによって大幅に簡略化した。名前の確認、誕生日、サインなどは不要になる。

 

CVSではApple PayやSamsung Pay、Android Payに対応していない。CVS Payはニューヨークやニュージャージー、デラウェアの特典店舗でスタート。2016年末までに全米展開する予定だ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop