コインランドリーの現金をなくせ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年8月27日9:00

米国コインランドリー協会によると、年間売上は50億ドル、約5,000億円になるという。そのほとんどがクオーターコイン(25セント)での利用だ。

 

枚数に直すと200億枚のクオーターがコインランドリーに投入されている。コインの回収や輸送、セキュリティ対策を考えると、相当なコストだ。

 

これをカードやモバイル決済に置き換えたとしたらどうだろう。キャッシュレス手段の受付機能を付加する必要はあるが、そのコストを上回る効果があるのではないか。

 

BCCの調査によると、今後5年間で、自販機やATMなどセルフサービスの市場規模は300億ドル、約3兆円に成長すると予測している。

 

米国ではApple Payの登場で、自販機でのモバイル非接触決済が加速している。セルフサービス機器でのキャッシュレス決済は業務の効率化を促進し、小銭を駆逐する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop