「WAON POINT」の稼働人数が3,000万人突破、26日からキャンペーンを開催(イオン)

2016年8月25日20:15

イオンは、2016年6月よりサービスを開始したイオンの新たな共通ポイント「WAON POINT」の稼働人数が3,000万人を突破したと発表した。同人数は、2016年8月21日時点の「WAON POINT」カードの提示、「WAON POINT」会員登録済み電子マネー「WAON」での支払い、および「イオンカード」提示での現金支払いによる「WAON POINT」の稼働実績となる。

「WAON POINT」カード券面

「WAON POINT」カード券面

イオンではこれを記念し、 2016年8月26日より「WAON POINT」3,000万人突破記念企画を実施する。

まず、8月26日~8月28日の3日間、「WAON POINT」カードの提示、もしくは電子マネー「WAON」による支払い、「イオンカード」でのクレジット払いで、通常の5倍のポイントをプレゼントするという。

対象企業は、イオンリテール、イオン北海道、マックスバリュ東海、イオンバイク、イオンリカー、イオンモール、ボンベルタ、まいばすけっとの店舗となる。

また、8月26日~9月5日の11日間、通常の半分の「WAON POINT」で景品に交換できるキャンペーンも実施する。交換できる景品は、キッチン、ヘルス&ビューティー、フードなど約300アイテムとなる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop