遠藤商事・Holdings.が金額に応じてお得に貯まるポイント機能付きプリペイドカード導入

2016年8月26日8:00

ロイヤルカスタマーの拡大、異種系列店への来店を加速

低価格で本格的な窯焼きピッツァが味わえる「Napoli’s PIZZA & CAFFE(ナポリス)」「PIZZERIA BAR NAPOLI(ナポリ)」などの飲食店を展開する遠藤商事・Holdings.は今年4月、ポイント機能付きのプリペイドカードの発売を開始。メール会員となり、チャージする金額が多いほど、ポイントの還元率がアップする。現在7ブランド13店舗での試験的運用だが、ロイヤルカスタマーの拡大・他ブランドへの来店効果がすでに現われているという。導入の経緯と今後の展望を聞いた。

常連客がよりお得に利用するために
ポイント付きプリペイドカードを導入

遠藤商事・Holdings.は350円マルゲリータをキラーコンテンツにしている世界初のピッツァファストフード「ナポリス」、ワンコインピッツァがそろう「ナポリ」をはじめ、海鮮居酒屋「大介丸」、熟成肉を食べ放題で味わえる「焼肉先生」など、ジャンルの異なる外食ブランド9つを展開。

職人でなくてもピッツァの生地のばしから焼き上げまで約90秒でできるEP-SYSTEMを開発・導入したことが評価され、同社代表・遠藤優介氏は日本の起業家を表彰するEYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2015年特別賞を受賞。EP-SYSTEMを導入している「ナポリ」「ナポリス」を中心に、近年、市場規模の縮小傾向に伴いし烈な争いを続ける外食業界にあって、ブランド数・店舗数を拡大している。

遠藤商事・Holdings. 取締役 續大輔氏

遠藤商事・Holdings. 取締役 續大輔氏

同社では2016年4月、「ナポリ」「ナポリス」「ドロップ」など飲食店7ブランド13店舗で利用できるポイント機能付きのプリペイドカード、「EP CARD(イーピーカード)」の発売を開始。EP CARDは、1,000円以上、1,000円単位で10万円までチャージ可能だ。チャージ金額によってポイント還元率がアップし、2,000円のチャージで3%(2,060円)、5,000円のチャージで4%(5,200円)、1万円以上のチャージで5%(1万500円)のポイントが付与される。

また、メルマガ会員登録を行うと、登録時に100ポイント、さらに1%のボーナスポイントを付与。さらに、メール会員向けに毎月10日、20日、30日にポイント2倍デーを設定している。貯まったポイントは1ポイント=1円で利用できる。

ポイント機能付プリペイドカード「EP CARD」

ポイント機能付プリペイドカード「EP CARD」

「フリーペーパーや口コミサイトなどを見て、初めて来店していただく方も大切ですが、月に何度も来てくれる常連客をどうやって獲得していくか、そしてより足繁く通っていただくためにお得に利用できるサービスの1つとしてポイント機能付きプリペイドカードの導入を決めました」(遠藤商事・Holdings. 取締役 續大輔氏)

同社の創業は2011年。同年5月にナポリ 吉祥寺をオープンさせたのを皮切りに、翌年にはナポリス渋谷神南、2013年に黒琥-KUROKO-渋谷、2014年焼肉先生 中目黒、30 curry kitchen 松原など異なるブランドを次々展開。2016年6月現在、東京近郊を中心に海外にも出店し、9ブランド82店舗を手掛けており、近年では、顧客の同社他ブランドの利用も増えているという。

「ナポリやナポリスをよく利用されるお客様が、ご自宅の近くにあるPaella & Tapas Bar Barcaに行かれたり、宴会利用で大介丸を選んでいただくことがありますが、同じ会社の他ブランドと知らないで利用されている方もいるようでした。そこで、EP CARDの導入により当社にどんな飲食店があるのか、地元はもちろん会社・学校の近くにも店があるから行ってみようという動機づけになればと思っています」(續氏)

「プリペイドカード&ギフトカードガイドブック」から一部抜粋

page toppagetop