リオデジャネイロの交通向けの新型非接触決済ウェアラブルを発表(NXP/RioCard)

2016年8月26日13:01

NXPセミコンダクターズN.V.はブラジルのリオデジャネイロ州の交通向けスマートカード・システムを提供するRioCardと協力し、RioCardのNXP MIFARE非接触型交通/決済ソリューションに新たに非接触型ウェアラブルを追加したと発表した。これにより、ブラジル第2の都市であるリオデジャネイロで、1,000万人超の国内外の通勤者がこの技術を利用できるようになる。

新型非接触決済ウェアラブルの利用イメージ

新型非接触決済ウェアラブルの利用イメージ

NXPのMIFARE非接触型ICを採用した防水ウェアラブルの投入は、RioCardの交通系業務に新たなセキュリティと利便性を提供するという。NXPのウェアラブル・ソリューションはEMVCo認証済みプラットフォーム、認可済みオープン決済アプリケーション(Visa、MasterCard、American Express、Discover)、NXPのMIFARE非接触型ICへのフルアクセスにより、さまざまな決済モードの「融合」を実現する。

なお、NXPのMIFARE非接触型ICは、2004年からRioCardに使用されている。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop