クラウド型マルチ決済システム「J-Mups」の「タリーズコーヒー」導入店舗を319店に(三菱UFJニコス)

2016年8月26日20:58

三菱UFJニコスは、2016年8月26日、クラウド型マルチ決済システム「J-Mups(ジェイマップス)」の「タリーズコーヒー」導入店舗を、全国638店舗の半数にあたる319店に到達させたと発表した。同店での同システムによるクレジットカード、交通系電子マネー、楽天Edyといったキャッシュレス化を加速させていきたいとした。

店頭ステッカー一例(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

店頭ステッカー一例(出典:三菱UFJニコスのプレスリリース)

「タリーズコーヒー」は、タリーズコーヒージャパンが1997年8月に日本一号店をオープンさせて以来、全国47都道府県すべてに出店、直営及びFC(フランチャイズ)合わせ638店(2016年4月現在)を展開している。

2013年から「タリーズコーヒー」に「J-Mups」を導入、交通系電子マネーから取り扱いを開始し、2014年9月に楽天Edy、2016年5月にはクレジットカードを順次追加し、今回、3種の決済サービスの導入店舗数を、全店の半数に当たる319店に伸ばしたという。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop