フィンテック融資にAmexの融資責任者(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月1日9:00

Amexの元国際法人融資部門のCCO(Chief Credit Officer)が転職する先は、オルタナティブレンディングのレンディングポイント(LendingPoint)である。

 

レンディングポイントは2014年創業のフィンテックベンチャー。本拠はジョージア州ケネソーだ。2015年10月にデットファイナンスで1億ドル(100億円)を調達している。

 

レンディングポイントのターゲットはクレジットスコアが600点台のサブプライムだ。通常このスコアレベルでは融資を受けるのがむずかしい。

 

そこをあえて狙った。融資額は3,500ドルから最大2万ドル。返済期間は24カ月から最長36カ月だ。2016年8月末までに、融資総額100億円を達成すると発表している。

Amexの元融資責任者は、レンディングポイントでリスクマネジメントを統括し、与信の精度を高めていくという役割を担う。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop