銀行のペイメントサービス

2016年8月31日8:30

昨今、後払いの「クレジットカード」、前払いの「プリペイドカード」に加え、即時払いの「デビットカード」の認知度が日増しに高まっています。近年、発行が増加するブランドデビットは、以前はやネットバンクを中心に発行されてきましたが、昨今ではメガバンクや地方銀行が発行するケースが増加してきました。また、クレジットカード会社との共同発行、スマートフォンアプリとの連携も行われています。

bankpayment前払い式のプリペイドカードについては、広島銀行(HIROCA)や福井銀行(JURACA)、中国銀行(晴れの国カード)など、非接触電子マネーを活用した地域活性の取り組みも行われています。

そこで、銀行における決済ビジネスについて、実際に取り組みを行う各行を紹介します。

①福井銀行/福井新聞社

福井銀行と福井新聞が地域密着型カード「JURACA」を展開
「電子マネーサービス」、「独自の地域サービス」、「JURACAタッチサービス」を1枚に

②山口フィナンシャルグループ

「ワイエムデビットJCB」でクレジットカードとは異なる顧客への訴求を強化
山口銀行、もみじ銀行、北九州銀行によるシステム共同化で発行・運用コストを抑制

③広島銀行

電子マネー「HIROCA」で広島の人々に選ばれるカードを目指す
社員証・学生証への機能搭載、Webアプリとの連携で地域に密着したサービスを展開へ

④静岡銀行

静岡銀行等がブロックチェーン技術を用いた地域活性化の実証実験を実施予定
スマホのwalletアプリに配信されるポイント型クーポンを流通

⑤iBankマーケティング

スマホアプリ「Wallet+」とJCBデビットカード「Debit+」の連携で新たな顧客体験を提供(iBankマーケティング)
金融(決済・貯蓄)の魅力に加え、日常生活をより豊かに、楽しくするサービスを目指す

⑥西日本シティ銀行

九州カードと共同で「NCBデビット」をVisa、JCBの2ブランドで発行
若年層を中心にクレジットカードでは取り込めなかった利用者の獲得を目指す

⑦琉球銀行

「りゅうぎんVisaデビットカード」の会員数と取扱高は順調に推移
利便性の高い商品として沖縄でのキャッシュレス化を促進

■今後の掲載予定
みずほ銀行(キャッシュアウトについて)
三井住友カード(三井住友銀行との共同展開)
etc

■ペイメントナビメールマガジン読者の方には先行配信を実施予定です。ぜひ、ご登録をお願いします(登録サイト)。また、「Paymentnavi Love」会員は、一部限定コンテンツを提供する予定です。

page toppagetop