仮想通貨「ビットコイン」と「Visaプリペイドカード」の交換サービスに3箇所の取引所・交換所と合意(ライフカード)

2016年9月5日19:39

ライフカードは、2016年8月より、ビットコインをVisaプリペイドカード(商品名:Vプリカ)に交換できるサービスを提供しているが、今回新たに3箇所のビットコインの取引所・交換所と合意し、サービスの提供先を拡大すると発表した。

20160905lifecard

Vプリカ(出典:ライフカード)

新たな合意先として、2016年9月5日からbitFlyerと、coincheckおよびJBitsとは今秋サービスを提供する予定だ。交換可能なVプリカは、1,000円分、3,000円分、 5,000円分、1万円分となる(ビットコイン取引所・交換所により一部取扱券種が異なる場合があり)。 

交換方法は、①ビットコイン取引所・交換所のWebサイトよりVプリカへの交換を申請、②ビットコイン取引所・交換所よりユーザーへVプリカ発行コードを引き渡し、③Vプリカ会員専用ページ「Myページ」にてアカウント開設のうえ、 発行コードを入力、④「Myページ」にてカード番号、 有効期限、 セキュリティコードを入手――という流れとなる。

なお、Vプリカは、ライフカードが発行するVisa ブランドが付いたネット専用プリペイドカードであり、2011年の販売開始以降、累計755万枚(2016年3月時点)を発行している。VISA 認証サービス(3-D セキュア)に対応しており、クレジットカードと同じように使え、 また発行時の本人確認・審査が不要で、24時間365日即時発行が可能な使い切り型のプリペイドカードとなる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop