2年で15倍Apple Pay&Android Pay(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月7日9:00

信じるか、信じないか。調査会社のジュニパーリサーチ(Juniper Research)は今後2年間でApple PayやAndroid PayなどのOSをベースにしたモバイル決済額が2016年の15倍になると予測した。

 

中でもオンラインショッピングでの利用が牽引。アプリ内決済やウェブ決済などでの利用は2018年には80億ドルになるという。2016年は5.4億ドルだ。

 

事実オフィス用品のステープルズではiOS利用者の30%強がアプリ内決済でApple Payを使っている。

 

アップルはペイパルやオンラインマーチャントにもApple Payを開放すると発表している。そうなれば、急速にOS Payが拡大する可能性はある。

 

現在の利用金額が少ないので、15倍といっても世界的にみれば達成できそうではある。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop