インドのPaytm時価総額50億ドルに(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月13日9:00

インドのモバイル決済フィンテックのペイティエム(Paytm)が2016年8月、3億ドルを調達した。リードしたのは台湾のメディアテック(MediaTek Inc.)である。

 

今回の調達によって、ペイティエムの時価総額は一気に50億ドルとなった。ユニコーンクラブは10億ドル以上をいうが、ユニコーン5頭分に相当する。

 

ペイティエムの投資家として名を連ねるのはアリババグループとその決済を担うアントファイナンシャル(Ant Financial)。この中国勢に台湾の投資家が加わった。

 

インドのフィンテック投資は2016年にはいり減少傾向にあったが、これでまた活気づく可能性がある。2015年のベンチャー投資額は89億ドル、それが2016年上半期は27億ドルに落ちていた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop