黒鷹が食べた草の根(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月17日9:00

プリペイドカードのブラックホークは、グラスルーツ(Grass Roots)を買収すると発表した。グラスルーツは英国が本社で、欧州や米国アジアにオフィスを構えている。

 

グラスルーツのサービスをキーワードでいうと、従業員や顧客へのモチベーション高揚、リウォーズ、福利厚生だ。1980年創業で、世界100カ国へサービスを提供している。クライアント数は2万社。

 

ブラックホークはインセンティブ市場が拡大するとみて、今回の買収に踏み切った。インセンティブとしてプリペイドカードは有効なツール。親和性が高い。

買収額は9,000万ポンド、約120億円とみられている。グラスルーツの2016年税引前営業利益は1,100万ポンドを見込んでいる。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop