ドイツ人も自宅で貯金(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月18日9:00

日本人とドイツ人は似通ったメンタリティをもっているようだ。マイナス金利のドイツでは、自宅の金庫に現金を貯めはじめた。

 

日本は口座客にマイナス金利を適用していないが、ドイツの銀行の中には大口預金者に対し、マイナス金利を課すところもでてきた。

 

年金に頼っている高齢者にとって、マイナス金利を課せられたらたまったものではない。預金をくずし、金庫を買って自宅で現金を貯め込んでいる。

 

ドイツ人が小売店で支払う際、約80%が現金取引だ。米国の約2倍である。ドイツ人のATM現金引出額の平均は256ドル。米国人は103ドルで、これも2倍強である。

マイナス金利はキャッシュレス化の進行を遅らせる可能性がある。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop