米国ショップ8割が銀聯受付(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月19日9:00

銀聯は米国マーチャントの80%で利用が可能になったと発表した。ATMはほぼすべてで銀聯カードが使える。

 

中国人観光客が好きなニューヨークやハワイ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、オーランド、シカゴのショッピングモールなどでは90%を超えるカバー率となった。

 

メトロポリタン美術館やウッドベリーアウトレット、免税店のガレリア、ハワイのカラカウアなどの高頻度エリアでは、特典やサービスを拡充している。

 

メトロポリタン美術館は入場料が無料。50カ所のアウトレットモールでは、VIP割引やギフトを用意。レンタカーのハーツではダブル割引で中国人観光客の利用を促進する。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop