武田梨奈さんが「永久不滅動物愛護アンバサダー」に就任(クレディセゾン/神奈川県)

2016年9月16日8:32

永久不滅ポイントによる「動物保護センター建設基金」への寄付と動物愛護の普及啓発を推進

クレディセゾンは、神奈川県が目指す「人と動物とが幸せに暮らせる会の実現」賛同し、同社のポイントプログラム「永久不滅ポイント」を通じた「動物保護センター建設基金」への寄付受付を 2016年3月18日から行っているが、今後、より多くの会員に寄付を呼びかけるため、現在同社のテレビ CM に出演している女優で空手家の武田梨奈さんが「永久不滅動物愛護アンバサダー」に任命した。9月15日には神奈川県庁で就任式が開催された。

「永久不滅動物愛護アンバサダー」に就任した武田梨奈さん(左)と神奈川県知事 黒岩祐治氏(右)

「永久不滅動物愛護アンバサダー」に就任した武田梨奈さん(左)と神奈川県知事 黒岩祐治氏(右)


これまで約300万円の寄付をカード会員から受ける

神奈川県は、県動物保護センターの老朽化に伴い、2019年の建替えに向けて2013年7月に「動物保護センター建設基金」を立ち上げ寄付を募っている。クレディセゾンでは同取り組みに賛同し、同社のポイントプログラム「永久不滅ポイント」を通じた「動物保護センター 建設基金」への寄付受付を行っている。寄付の対象となるカードは、クレディセゾン発行のセゾンカードおよびUCカードで、永久不滅ポイントが付くすべての券種が対象となる。寄付先は、神奈川県動物保護センター建設基金となり、永久不滅ポイント100 ポイント(1口)を500円として、100ポイント単位で寄付が可能だ。クレディセゾンでは、これまで約300万円の寄付をカード会員より受けている。

今回、カード会員の永久不滅ポイントによる動物保護センター建設基金への寄付活動と動物愛護の普及啓発を推進する目的で、クレディセゾンの「頭を使った瓦割り」CMでもお馴染みの武田梨奈さんがアンバサダーとして就任することとなった。

武田さんには、神奈川県主催イベントへの参加や、SNS を通じた情報発信、かなチャン TV コンテンツへの出演を中心に参画してもらうことで、同社と神奈川県の動物愛護活動を一緒に盛り上げていくという。また、同時にセゾンカード・UCカードの永久不滅ポイントによる、動物保護センター寄付を呼びかけていく。

武田さんは神奈川県横浜市出身で、自身も犬を飼っているという。今年初めには、野良猫が近所で子猫を産み、その子猫を保護して里親を探すなど、動物を一匹でも助けたいという気持ちが強くなっていたそうだ。武田さんは、「そのときにこのようなお話をいただいたので、運命的だなと感じています。できることは積極的に活動していきたい」と意気込みを見せた。また、具体的な活動については、「動物とふれあいながらイベントができたらいい」と話した。

神奈川県知事 黒岩祐治氏は、「強力な仲間を得たなとうれしく思っています。これから連携しながら、動物愛護精神を広めるためにぜひご活躍いただきたい」と期待を寄せた。

saison2

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop