Messengerでチャットボット3万件(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月20日8:00

フェイスブックのチャットアプリMessengerを利用したチャットボットが急拡大している。2016年4月にスタートしたサービスだが、5月には10,000件の開発者が参加。7月には11,000件のチャットボットが誕生した。

 

現在参加開発者は34,000人、チャットボット数は30,000件に拡大している。チャットボットは対話型仮想ロボット。スマートフォンやタブレットのMessengerアプリを通じて、仮想ロボットと対話しながら、ショッピングできる。

 

仮想ロボットが推奨する商品を選び、あらかじめ登録したカードやペイパルなどの決済手段で購入が完了する。チェックアウトの際、支払いページにリダイレクトせず、Messenger上で完結するから便利だ。

 

Messengerのチャットボットを推進しているのは、元ペイパルCEOのデビット・マーカス氏。経営よりも商品開発に注力したいと、フェイスブックに移籍した。

 

まだ現在はトライアル期。開発者との協業が重要だ。そのため、Messengerをバージョンアップし、Messenger platoform v1.2をリリースした。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop