Venmo初の動画広告(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年9月28日9:00

モバイル個人間送金のVenmoが初の動画広告を打った。タイトルはPony Up on Venmo。Pony Upには決済するという意味があるが、動画では登場人物が本物のポニーに乗るという設定にしている。

 

もともと個人間送金からはじまったVenmoだが、マネタイズのためにコマース決済での利用を促進している。今回の動画広告はその一環だ。

 

Venmoの2016年第2四半期取扱高は39億ドル、約4,000億円。米銀大手はVenmoの躍進を脅威とみて、独自のモバイル送金決済をスタートする。Zelleというサービス名称だ。バンクオブアメリカやチェイス、ウェルズファーゴなどが組成した決済ネットワークclearXchangeを活用した送金決済である。

 

この動きに対し、先手を打ったとも考えられる。いい大人がポニーにまたがって割り勘決済を想像するシチュエーションは強く印象に残る。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop