サブウェイがMチーム買収(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月1日9:00

サンドイッチチェーンのサブウェイはデジタル化を加速するため、カナダのEコマース企業からモバイル開発チームを買い取った。アバンティ(Avanti)の開発チーム20名である。

 

モバイル注文決済(Mobile Ordering & Payment)を支援するのがこのチームの主要ミッションだ。インストアKioskの開発も担う。

 

モバイル注文決済によって、サブウェイはサービスのスピードアップと労働生産性の向上を狙う。全米には27,000カ所、全世界では44,600のショップを展開している。

 

サブウェイはデジタル化推進のため、サブウェイデジタル(Subway Digital)というグループを組成しているが、今回買収したチームはこの傘下にはいる。さらに今年中には50名を採用し、5年後には150名のチームにする計画だ。

 

ファストフードの成功の鍵は商品開発とともに、デジタル化によるサービスレベルの向上になってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop