スタートアップ企業と協業し、新しいペイメントサービスを開発する「JCB Payment Lab」を実施(JCB)

2016年9月26日19:41

ジェーシービー(JCB)はスタートアップ企業と協業し、新たなペイメント関連サービスを開発するため、アクセラレータープログラム「JCB Payment Lab」を実施すると発表した。 2016年9月29日からプログラムへのエントリー受付を開始する。

同プログラムは、JCBと参加企業(主にスタートアップ)がともに、革新的な事業創造を目指す共創型プロジェクト。同プログラムはエントリーした各企業のビジネスアイデアを選考し、JCBおよび運営サポート企業のメンターとの協業により、約4カ月間かけてビジネスアイデアの実現に向け具体化していく。その後、同プログラムは完成したビジネスアイデアの事業化に向けて、採択された企業と業務提携や出資を検討していくそうだ。

JCBは1961年の創立からこれまで培ってきた資産(決済事業基盤、会員・加盟店ネットワーク、カード利用履歴をはじめとしたビッグデータ等)やノウハウと、参加企業が有するアイデアや開発力・機動力を融合し革新的なペイメントサービスを開発し、新たな顧客体験の実現を目指す。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop