コナカグループに「楽天ポイントカード」、「楽天ID決済」を導入(楽天)

2016年9月29日20:57

楽天は、コナカにて、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の取り扱いを2016年10月1日から全国のコナカグループ446店舗にて開始すると発表した。同日から、コナカが展開しているECサイトにおいて、楽天グループが提供するID型決済サービス「楽天ID決済」のサービスもスタートした。衣料専門チェーンで「楽天ポイントカード」を採用するのは、コナカが初めてとなる。

今回のサービス開始により、ユーザーはコナカグループ各店舗で買い物金額に応じて「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、また楽天グループの各種サービスで貯まった同ポイントを、会計時に利用することができるようになる。併せて、「楽天ID決済」を通じて、コナカが展開しているECサイト「紳士服コナカ」「SUIT SELECT」でも、「楽天スーパーポイント」を買い物額に応じて貯めることができ、会計時に利用することが可能になる。

両社はサービス開始日より、提携カード「コナカグループ楽天ポイントカード」を発行し、コナカグループ各店で配布を開始する。また、同サービス開始を記念して、「コナカグループ楽天ポイントカード」に新規で登録した人を対象に、10月1日から10月31日までの1カ月間「300万ポイント山分けキャンペーン」を実施し、同サービスの認知拡大とコナカグループ店舗への来店促進を図るそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop