札幌の「白い恋人パーク」で複数の電子マネーが利用可能に(石屋商事/三井住友カード)

2016年9月30日19:36

札幌の人気観光スポット「白い恋人パーク」を運営する石屋商事と三井住友カードは、2016年10月2日から、パーク内で電子マネー「iD」、「楽天Edy」、「WAON」、「nanaco」、および「Kitaca」等の交通系電子マネーの取り扱いを開始すると発表した。

20160930smcc

「白い恋人パーク」は、銘菓「白い恋人」をはじめ、石屋製菓の商品に関するテーマパークとなる。「白い恋人」の製造ラインを見学できるコースや、実際に「白い恋人」を作ることができる体験工房、さらにプロサッカーチーム「北海道コンサドーレ札幌」の専用練習場も併設されている。

「白い恋人パーク」では、クレジットカードと中国人観光客向け決済サービス「銀聯」による決済サービスを取り扱っているが、このほど新たに、パーク内のチケットカウンターや飲食コーナー、売店などで、複数電子マネーを利用可能とした。

また、石屋商事が運営するもう1つの施設「札幌大通西4ビル」内の、「イシヤカフェ」「イシヤショップ」「キャンディ・ラボ」の3店舗でも、従来から導入していた電子マネー「iD」「楽天Edy」「WAON」に加え、10月上旬より順次、「Kitaca」等の交通系電子マネーと「nanaco」の2電子マネーの取り扱いを開始する。

page toppagetop