メッセンジャーでAI決済アドバイス(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月7日9:00

9月22日、フェイスブックはチャットアプリのメッセンジャーに2つの機能をつけ加えた。このプロジェクトの責任者は元ペイパルのCOE。決済への思い入れは強い。

 

ひとつはディナーに最適の場所やどんな映画をみればいいかの意思決定をサポートしてくれる機能。もうひとつは誰にいくら借りているか、いくら支払えばいいかをリマインドしてくれる機能である。

 

ひとつ目は調査機能(Polls)で、チャット仲間に質問を投げかけ、回答をもらう。仲間と一緒に計画を立てようという試みだ。これは2007年からスタートしたフェイスブックの調査機能(Polls)と,

2010年にスタートした質問機能(Questions)をベースにしている。

 

二つ目の決済機能(Payments)では機械学習(AI)を導入。利用者や友達のチャット内容をスキャンして、誰にいくら支払うべきかをリマインドしてくれる機能を開発した。

 

チャットの下にペイボタンを表示し、すぐに支払えるようにしている。支払いは登録したデビットカードから。AIのサポートなので、友達への督促も抵抗が少ない。

 

チャット送金はVenmo、SnapChatのSquareCash、Messengerの三つどもえの戦いになってきた。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop