米世帯半数がAmazonプライム会員へ(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月8日9:00

アマゾンの有料会員が2016年末までに米国世帯の半数に到達する。そんな調査結果が報告された。調査したのはCowen and Compamy。アマゾンのサブスクリプションモデルは大成功といえるだろう。

 

2016年には4,900万人のプライム会員に1,200万人が加わると予測。合計6,100万人になる。米国の世帯数は約1.2億世帯。つまり1世帯に1人の会員とすれば、半数を取り込むことになる。

 

プライム会員への加入は年々増加。2014年は700万人、2015年は1,000万人だった。プライム会員特典が送料無料や速配に加え、音楽やビデオなどデジタルコンテンツへ拡大しているのが要因だろう。

 

Amazonプライムのフルパッケージ年会費は99ドル。決して安くはない。それでも米国世帯の半数が加入するのだから、値打ちがあるということだ。音楽は100万曲以上を聴き放題、ビデオは400万以上、書籍は50万冊以上が読み放題なのである。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop