JCBデビットカードと電子マネー「nanaco」を一体化したキャッシュカードを発行(セブン銀行/セブン・カードサービス)

2016年10月7日16:14

セブン銀行とセブン・カードサービスは、2016年10月17日より、電子マネー「nanaco」を搭載した「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」の発行を開始すると発表した。

20161007sevn

【スタンダード】(左上) 【ボノロン】(右上) 【トラディショナル】(下)

年会費・新規発行手数料は無料となり、キャッシュカード(デビット機能なし)からの切替えも無料だ。利用者は、セブン銀行口座を保有する個人、契約時の年齢が満 16 歳以上の人となる。カードの種類は、「デビット付きキャッシュカード(nanaco 一体型)」、「デビット付きキャッシュカード(nanaco 紐付型)」がある。デビット付きキャッシュカード(nanaco 紐付型)は、「nanaco ポイント」が付与されるnanaco カード等を別途用意してもらうものとなる。

「セブン銀行 デビット付きキャッシュカード」は、「セブン銀行ICキャッシュカード」に、「JCBデビットカード」と、電子マネー「nanaco」を一体化したカードとなる。

デビット機能による支払いは、セブン‐イレブン、イトーヨーカドーをはじめとする国内外のJCB加盟店で利用でき、利用ごとに「nanaco ポイント」が付与される。特に、セブン‐イレブンで利用すると利用額の1.5%のポイントが付与される。

また、JCBまたは Cirrus のマークがある海外のATMで、現地通貨を引き出すことも可能だ。

さらに、スマートフォン向けアプリ「セブン銀行 アプリ通帳」を併せて利用することで、デビット機能の利用可能額や電子マネー「nanaco」の残高をすぐに確認できるほか、支払金額や利用した店舗の名前を照会できるため、家計簿代わりにもなる。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop