インドのモバイル決済がEラーニング買収(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月10日20:56

インドのモバイル決済最大手のペイティエム(Paytm)は、オンライン学習マーケットを運営するエデュカート(EduKart)を買収した。

 

エデュカートはEラーニングのマーケットプレイスを運営。一般的な教育のほか、医療やビッグデータ、外国語、ITコーチングなどを提供する教育機関を束ねている。その数100社強。

 

この受講は有料で、ペイティエムはEラーニングを取り込むことによって、取扱高を伸ばせると判断したようだ。モバイルとEラーニングは相性がいい。PCと違い場所を選ばないから簡単に利用できる。

 

モバイル決済事業者は決済の場を買収することによって、取扱高や収益を伸ばすことができる。ペイティエムはショッピングという領域ではなく、オンライン教育という成長が期待できるジャンルに目をつけた。あっぱれ!

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop