日本にも上陸!4大OSのモバイルペイメントに注目が集まる

2016年10月17日8:12

日本では、Apple Payの国内展開やインバウンド対応により、モバイルNFCペイメントやQR決済が注目されているが、海外でもさまざまなモバイルペイメントが展開されている。「モバイルペイメントガイドブック」では、世界のモバイルペイメントの動向を紹介するが、今回は4大OSのモバイルペイメントについて取り上げる。

Samsung Payは韓国を皮切りに展開地域を広げる

Samsung Payは韓国を皮切りに展開地域を広げる


国際展開を広げる「Apple Pay」
「Samsung Pay」も続々と海外でローンチへ

現在、国際展開を図っているもしくは目指している4大OSのモバイル財布(モバイルウォレット)には、2年前の2014年10月にリリースしたAppleの「Apple Pay」、2015年5月にリリースしたGoogleの「Android Pay」、同じく2015年8月に韓国で、9月にアメリカでリリースしたSamsungの「Samsung Pay」、2016年の6月にリリースしたMicrosoftの「Microsoft Wallet」がある。

モバイルウォレット

Apple

Google

Samsung

Microsoft

Apple Pay
(2014年10月~)

Android Pay
(2015年5月~)

Samsung Pay
(2015年8月~)

Microsoft Wallet
(2016年6月~)

 applepay  androidpay  samsungpay  microfoftwallet

主な海外展開(予定を含む)

イギリス
カナダ
オーストラリア
中国
シンガポール
スイス
フランス
香港
日本
ニュージーランド
ロシア

イギリス
シンガポール

アメリカ
中国
スペイン
シンガポール
オーストラリアなど
イギリス(予定)
ブラジル(予定)
マレーシア(予定)
カナダ(予定)
ロシア(予定)
香港(予定)
トルコ(予定)

出典:各社リリースなどによる

モバイルアプリは、「Apple Pay」がiOS、「Android Pay」と「Samsung Pay」がAndroid、「Microsoft Wallet」がWindows10に対応し、近接(Proximity)型モバイルペイメントはNFC(Near Field Communication)に対応している。

「Apple Pay」は、2014年10月アメリカでのリリースのほか、2015年7月にはイギリス、同年11月にはカナダとオーストラリア、2016年2月には中国、4月にはシンガポール、7月にスイス、フランス、香港でそれぞれリリースされている。また、2016年10月には日本でリリースされ、今後はニュージーランドやロシアなどでも提供開始した。

「Android Pay」はアメリカのほか、イギリスやシンガポールなどでリリースされている。「Samsung Pay」は2015年8月の韓国でのリリースに次いで、同年9月からアメリカで開始し、2016年には中国、スペイン、シンガポール、オーストラリアでリリースされ、今後イギリスやブラジル、マレーシア、カナダ、ロシア、香港、トルコなどでのリリースが予定されている。

日本では、Apple Payが10月下旬から開始され、Android Payのスタートも噂されている。他のサービスの参入も含め、今後の展開に注目だ!

【参考】モバイルペイメントガイドブック

page toppagetop