FuturePayでオンライン割賦(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月18日9:00

米国でオンライン割賦がブームだ。アファーム(Affirm)やスプリティット(Splitit)、ペイパルなどがオンライン割賦を次々に立ち上げている。

 

背景はクレジットカードを保有していない若年層が増えているからだ。フューチャーペイ(FuturePay)もその1社。

 

コンセプトは「Buy Now, Pay Later」。これはかつてクレジットカードが使っていたキャッチフレーズだ。なぜか、これが60年たった今、注目を集めている。

 

オンラインマーチャントを対象にしたサービスで、すでに600店強で採用されている。フューチャーペイはMagentoやShopify、SAP Hybrisなどのカート運営会社とも提携している。

 

マーチャントは分割払いを提供することにより、コンバージョン率と購買単価を上げられる。フューチャーペイの割賦平均単価は一般のカードに比べ173%も高い。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop