中国のIoT市場の安全性で確保で協業(ジェムアルト/アリババ)

2016年10月19日22:12

デジタルセキュリティベンダーのジェムアルトは、アリババ・グループと協業し、同グループが開発した YunOS 向けにコネクティビティとセキュリティを提供すると発表した。

YunOS はクラウドベースのデータ・サービス指向の IoT(モノのインターネット)向け OS で、さまざまな業界で IoT デバイスやチップ、センサーに搭載されている。同提携において、ジェムアルトは Allynis Trusted Service Hub を提供し、アイデンティティのライフサイクル管理を通して、セキュリティに気を配る必要があるセンシティブなアプリケーションのプロビジョニングの実行を容易にするという。

セキュリティを強化することで、コネクテッドカーのドライバー、スマート家電やモバイルデバイスの利用者などの YunOS ユーザーに安心をもたらすそうだ。同協業により、異種 IoT アプリケーションに同一の ID フレームワークを提供するという YunOS のビジョンが拡大する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop