モルガンがAFに100億円投資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月26日9:00

ペイパルマフィアの一人、マックスレビチン氏が設立したモバイル割賦のアファーム(Affirm)へ、モルガンスタンレーが1億ドルを投資した。

 

アファームは今回が4回目の調達で、総調達額は5.2億ドルとなった。今回の1億ドルはデットファイナンシングだ。

 

アファームのモバイル割賦はオンラインとオフラインの両方で使えるのが特徴。利用者はミレニアルズと呼ばれる若年層で、クレジットカードをもっていない人が多い。

 

アファームは個人の特定とクレジットリスクを数秒で判定し、割賦購入を可能にしている。一般的なFICOスコアに依存せず、独自の審査方法で与信している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop