投資家向けの融資ロボット動きだす(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月27日9:00

レンディングクラブやプロスパーなど、マーケットプレイス型融資(Peer Lending)の投資家向けロボットが動きだした。株式や投資信託向けのロボアドバイザーはあったが、融資マーケット向けのロボアドバイザーはめずらしい。

 

サービスを提供するのはレンディングロボット(LendingRobot)。創業2012年のフィンテックスタートアップである。これまで2回のラウンドで300万ドルを調達している。

 

2016年10月にスタートしたサービスはレンディングクラブと連動したもので、LendingRobot For Advisorsという名称だ。アルゴリズムを駆使した投資戦略をロボットが立て、さらに自動でレンディング投資ポートフォリオを管理してくれる。

 

利用料は投資額5,000ドルまでは無料。それ以降は年間0.45%だ。ミニマム投資額なし、口座開設料なし、退会料なし。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop