AmexがIntuitでSMB融資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月28日9:00

Amexは会計ソフトのインチュイットと提携し、スモールビジネス向けの融資サービスをはじめることになった。インチュイットのオンライン会計ソフトQuickBooksの利用者で、なおかつAmexのOpenビジネスカード会員が対象だ。

 

これまでカード会社はスモールビジネス向け会計ソフトと提携していたが、その範囲は会計ソフトにカード利用データを抽出するというサービスにとどまっていた。

 

今回の提携は短期の低額融資というユニークなサービスだ。トランザクションレンディングの一種で、スモールビジネスはキャッシュフローを改善できる。

 

米国中小企業局によると、スモールビジネスの破綻要因の2番目は不十分なファイナンスか遅れだという。自動会計処理とAmexの即時融資(60秒)でこの問題を解決する。

 

サービス名称はAmerican Express Working Capital。ペイパルやアマゾン、スクエアなどのトランザクションレンディングの類似サービスだが、会計ソフトとの連携でキャッシュフローを把握するところがユニークだ。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop