電子マネーに対応したモバイル型決済端末を全国のauショップへ導入(KFS/三菱UFJニコス)

2016年10月25日21:30

KDDI、KDDIフィナンシャルサービス(KFS)、三菱UFJニコスは、2016年10月25日より、au直営店7店舗(au SAPPORO、au SHINJUKU、au みなとみらい、au NAGOYA、au OSAKA、au FUKUOKA、au HAKATA)にクレジットカードや電子マネーに対応可能なモバイル型決済端末「BluePad-50」を導入すると発表した。2016年11月中には、全国約2,500店舗のauショップにも順次展開予定だ。

モバイル型決済端末「BluePad-50」概要

モバイル型決済端末「BluePad-50」概要

同決済端末は、可搬性の高さと、IC対応(接触/非接触)が主な特長であるという。まずは、クレジットカード(Visa/Mastercard/JCB)と電子マネー(QUICPay)、銀聯カードに対応し、今後、交通系電子マネーなどにも順次対応予定だ。

同決済端末は三菱UFJニコスとJR東日本メカトロニクスが提供するクラウド型マルチ決済システム「J-Mups」に接続しており、端末導入後も機能拡充が可能だ。

auショップへの同決済端末導入により、モバイルを活用した決済に対応可能となるほか、アクセサリなどの購入やau WALLET Marketでの買い物(店頭支払い)の際、カウンターに立ち寄ることなく店内で決済できるため、利用者の待ち時間の短縮につながるそうだ。また、利用者からクレジットカードなどをスタッフが預かる必要がなく、目の前で決済が完了する。

なお、KFSは、au直営店、各auショップでの本決済端末取り扱いの窓口となるほか、三菱UFJニコスは、「J-Mupsセンター」を通じて店舗でのカード売上の精算業務などを実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop