スマホ決済アプリ「楽天ペイ」を開始し、「楽天スマートペイ」の名称を変更(楽天)

2016年10月27日14:35

楽天は、2016年10月27日から、ユーザー向けにスマホ決済アプリ「楽天ペイ」を開始すると発表した。

「楽天ペイ」アプリは、楽天会員IDでログインすることで、実店舗でのスマホ決済が可能になる。決済方法は、店舗のスマホ・タブレット端末からQRコードを読み取る「QRペイ」とユーザー自身がスマホに金額を入力して決済する「セルフペイ」から選択可能だ。

20161027rakutenpay

支払いは、楽天会員IDに登録されているクレジットカードと楽天スーパーポイントを組み合わせて利用が可能だ。また、「楽天ペイ」アプリで支払った決済金額の0.5%分の楽天スーパーポイントが貯められる。同サービスにより、1億人を超える楽天会員は、スマホひとつで実店舗での決済ができるようになった。

今回、クレジットカード決済サービス「楽天スマートペイ」の加盟店は、「楽天ペイ」アプリ決済も取り扱えるようになる。これを機に「楽天スマートペイ」は、「楽天ペイ(実店舗決済)」としてサービス名称を変更する。

「楽天ペイ(実店舗決済)」は、「楽天ペイ」アプリ決済に加え、2017年(予定)には中国で多く使われている決済サービス「WeChat Pay」と国際クレジットカードブランド「銀聯カード」への対応を予定している。

なお、同サービスの開始を記念し、10月27日(9:30)~2017年1月6日(9:59)期間中に「楽天ペイ」アプリを利用したユーザーには、決済金額のうち最大10%分の楽天スーパーポイントをプレゼントするキャンペーンを実施する。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop