難しいフィンテック投資(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月30日9:00

アーリーステージのフィンテックベンチャー向け投資を目論むベンチャーキャピタルが壁に突き当たった。オーストラリアのH2ベンチャーズである。

 

資金調達の方法はIPO。この8月に目論見書を当局に提出していたが、機関投資家の興味を惹きつけられなかった。調達額は5,500万ドルだった。

 

投資先として考えていたのは15社から50社のフィンテックベンチャー。世界中から有望なフィンテック企業を探して、ポートフォリオを生成する計画だった。

 

フィンテック企業でマネタイズできるところは少ない。機関投資家は夢を追わない。確実なリターンを求めている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop