Amexもネットワーク開放(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年10月31日17:00

VisaやMasterCardはすでに開発者向けに決済ネットワークを開放しているが、Amexもこれにならってネットワークを開放した。サービス名称はAmex for Developersである。

 

ネットワーク開放とは、Amexの多様なAPIと開発リソースを提供し、決済ネットワークを有効に活用してもらうこと。

 

すべて自社内でソリューションを開発するのではなく、外部と協力して新たな決済サービスを提供する。

 

国際ブランドはこれまで厳格に決済ネットワークへのアクセスを禁じていたが、歴史的転換点にさしかかっている。それほど、フィンテックを脅威に感じているのだ。

 

決済技術ではApple Pay対応、ATM現金引出、非接触決済、モバイルNFC、mPOSなどのAPIを提供しているが、順次拡大していく。

 

テスト環境も整備されているため、本物のカードや決済端末と接続する必要がない。Amexは開発者のクリエイティビティに期待している。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop