イオンリテールが中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay」取扱開始(アプラス)

2016年11月1日13:00

新生銀行のグループ会社であるアプラスは、イオングループで総合スーパー事業を展開するイオンリテールと中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Pay(微信支付)」の利用契約を締結し、千葉県成田市のイオン成田店から2016年11月1日より、WeChat Payの取り扱いを開始すると発表した。

イオンリテールでは、総合スーパーマーケットのイオンなどを国内で388店舗(2016年2月末現在)展開しているが、訪日中国人の消費が最も多いイオン成田店から導入を開始し、ヘルスケア&ビューティーケアコーナーなど店内4カ所でWeChat Payでの決済に対応する。

また、イオンリテールでは、訪日中国人を対象に、商品の事前予約のための専用ウェブサイト「イオンジャパン まんきつ予約サイト」を開設し、食品や化粧品、ベビー用品などを事前に購入予約し、店舗の受付窓口で受け渡すサービスを2016年8月から始めており、中国騰訊控股有限公司(Tencent Holdings Ltd.:Tencent)が運営する中国のSNSサービス「WeChat(微信)」を活用した中国人観光客向けの情報発信にも取り組んでいる。このため、イオン成田店では、その決済にもWeChat Payを使えるようにすることで、訪日中国人の利用者の利便性向上を図る。イオンリテールでは、イオン成田店での導入を皮切りに、 イオングループの関連会社を含め、訪日観光中国人の来店が多い店舗へ、順次、WeChat Payの導入を拡大する方針だ。

なお、アプラスではこれまで、総合免税店を展開するラオックスやイオングループのジーフットが展開する靴販売店ASBee、沖縄県でデパートやスーパーマーケットなどを展開するリウボウグループなどでWeChat Payを導入している。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop