「ZOZOTOWN」に後払い決済サービス「GMO後払い」を提供(GMO-PG/GMO-PS)

2016年11月1日14:49

GMOペイメントゲートウェイ(GMO-PG)の連結会社であるGMOペイメントサービス(GMO-PS)は、2016年11月1日より、スタートトゥデイが運営する日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」に、後払い決済サービス「GMO後払い」を提供すると発表した。スタートトゥデイが開始した「ツケ払い」への「GMO後払い」提供となる。

「GMO後払い」サービスフロー

「GMO後払い」サービスフロー

「GMO後払い」は、ECサイトを利用する購入者が、商品受け取り後にコンビニや銀行・郵便局で代金を支払うことのできる後払い決済サービスとなる。後払い決済は、「クレジットカードを保有していない人も利用できる」「商品を確認した後に支払いができる」「代引き決済と異なり商品の受け取り時に在宅の必要がない」といったメリットを背景に利用が進んでおり、国内の後払い決済市場は2010年~2014年に年平均40.4%成長を記録、2020年には5,500億円規模に達すると予測されている。

このような中、スタートトゥデイが運営する日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」においても、クレジットカードを保有していない若年層などへのアプローチを更に推し進めるため、後払い決済が導入された。

「GMO後払い」は、GMO-PSがEC事業者向けに提供している、未回収リスクのない後払い決済サービスとなる。購入者の支払い状況にかかわらずGMO-PSが立替払いを行うほか、与信管理、請求書発行、入金管理などの業務も全てGMO-PSが行う。そのためEC事業者は、決済に関わる煩雑な作業の手間や未回収の不安もなく、後払い決済を購入者へ提示することができる。

「GMO後払い」の特長として、購入者を待たせることなくリアルタイムで与信確認を行うため、スムーズな決済で購入者の離脱を防止可能だ。また、請求書は「封書タイプ」と「圧着ハガキタイプ」の2種類を用意し、請求書を商品に同梱する「請求書同梱サービス」も提供している。さらに、決済手数料をはじめ固定費・請求書発行費用・振込手数料などすべてが業界最低水準であるとGMO-PSでは発表している。

GMOペイメントゲートウェイ株式会社

GMO

03-3464-2323
東京都渋谷区道玄坂1-14-6
ヒューマックス渋谷ビル7F

ネットショップやデジタルコンテンツなどのオンライン事業者、NHKや定期購入など月額料金課金型の事業者、並びに日本年金機構や東京都等の公的機関など6万7,921店舗(GMO-PGグループ2016年3月現在)の加盟店に総合的な決済関連サービスを提供しております。
また、決済サービスを中心に、加盟店の売上向上に資するweb広告サービス等の付加価値サービス、加盟店の成長を資金面からサポートする融資等の金融関連サービスの提供、海外決済サービス提供等の海外事業などを行い、年間決済処理金額は1.8兆円を超えております。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop