オンデマンド宅配が140億円調達(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年11月12日9:00

モバイルの普及でオンラインコマースが急拡大している。米国ではAmazonの勢いに乗ろうと、マーチャントがオンラインチャネルの強化に取り組んでいる。

 

その影響もあって、スピード宅配のニーズが高まっている。宅配業者にとっても、注文後すぐに届けることによって、不在率を軽減できるというメリットがある。再配達はコスト割れになるからだ。

 

そんな中、米国のオンデマンド宅配会社ポストメイツ(Postmates)が1.4億ドル(140億円)の資金を調達した。これまで8回のラウンドで合計2.78億ドルを調達している。

 

サンフランシスコに本拠を置くポストメイツは2011年の創業。米国の主要都市40カ所にオンデマンド宅配センターを保有。2万人強のポストメイツを抱えている。

 

クライアントはアップルや7-11、チポトレ、ウォルグリーンズ、スターバックスなど6,000件を超える。月間宅配件数は150万件だ。

 

ポストメイツは空き時間を利用し、自転車やバイク、自動車を使って稼げる。歩きもOKだ。時給は25ドル+というから結構いい値段。タイムシェアリングモデルをうまく使っている。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop