「WeChat Pay」の代行サービスへ参入、サツドラや石屋製菓などへ導入へ(リージョナルマーケティング)

2016年11月21日8:45

サツドラホールディングスのグループ企業であるリージョナルマーケティングは、中国最大級のSNS「WeChat(微信)」を運営しているテンセントホールディングスのグループ企業である財付通支付科技有限公司(Tenpay Payment Technology Co.,Ltd.:テンペイ)と 2016年11月15日、インバウンド向け決済代行サービス「WeChat Pay」の決済代行サービスにおける業務提携契約を締結したと発表した。

「WeChat Pay」の決済代行サービスにおけるテンペイとの業務提携に関して、「北海道企業」「小売流通業」として、いずれも初となるそうだ。

リージョナルマーケティングでは、道内観光の活性・推進、中国を含めたアジア圏観光客の利便性の向上、インバウンドビジネス関連国と日本双方の商業交流の基盤にするなどの考えのもと、業務提携契約の締結に至った。

また、同社が同業務提携をするにあたり、石屋製菓より「WeChat Pay」導入について賛同を得ているそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop