プロスパーCEO辞任(カードBizと僕の勝手気ままログ)

2016年11月24日9:00

オルタナティブ融資がフィンテックブームに火をつけたが、その勢いは風前の灯し火になってきた。レンディングクラブのCEOが辞任したのは5月。今度はプロスパー(Prosper)のCEOが辞任した。

 

辞任するのはAaron Vermut氏。12月1日から新たにCEOとなるのはDavid Kimball氏である。Kimball氏は2016年3月にCFOとしてプロスパーに参画している。

 

辞任の理由は業績低迷。プロスパーの収益は借り手からの手数料。ところが借り手が減少するにしたがい、貸倒が増えはじめた。2016年上半期の損失は5,310万ドル。前年同期の1,350万ドルから約4倍になっている。

 

5月には28%の人員削減を実施。資金調達も厳しく、投資家にアプローチしているが合意に至っていないという。

この記事の著者

日本カードビジネス研究会

日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則

「カードBizと僕の勝手気ままログ」のリアルタイム更新はこちら
※本記事は日本カードビジネス研究会代表 佐藤元則氏の「カードBizと僕の勝手気ままログ」をご紹介しています。

page toppagetop