「Origami Pay」導入店で中国の電子決済サービス「Alipay」の支払いが可能に(Origami)

2016年11月21日23:26

Origamiは、中国の電子決済サービス「支付宝(Alipay:アリペイ)」と業務提したと発表した。2016年11月21日から、同社スマホ決済サービス「Origami Pay」の導入店舗で随時、訪日中のAlipayユーザーの店頭支払いが可能となる。

Alipay決済のイメージ

Alipay決済のイメージ

蚂蚁金融服务集团(Ant Financial)傘下のAlipayは、2004 年に設立された、一人一人のユーザーを中心に、本人認証及び個人信用を基盤とした総合ライフスタイルのプラットフォームです。設立以来、Alipayはすでに 200 社以上の金融会社と協力し、1,000万以上の中小加盟店に決済サービスを提供している。現時点で本人認証済のユーザー数は 4.5 億人を超えている。また、中国国内においては 200 万社以上の加盟店で利用可能だ。さらに、海外マーケットにおいては、クロスボーダー決済、税、対面決済などさまざまなサービスを展開し、70 以上の国と地域、8 万社以上の加盟店に導入している。

今回の提携により、「Origami Pay」でのAlipay 支払いの利用には、Origami Pay への申込みに加えて、別途申請が必要となる。Alipay支払い申請の弊社承認後、Origami ビジネスアプリ「Origami for Business」が自動更新されるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop