クレジットカード情報の非保持化推進プロジェクトを発足、トークン決済導入で「トークンペイメントマーク」を無償提供(ペイジェント)

2016年11月21日23:37

ペイジェントは、クレジットカード情報漏洩防止策の一環として、非保持化推進プロジェクトを発足し、2018年3月までの計画を策定した。

その計画の1つ目として、2016年11月21日以降にペイジェント決済代行サービスへ申し込まれるEC事業者には、原則としてクレジットカード情報を保持することなく決済が可能な「リンク型決済」もしくは「トークン型決済」を提案する。

また計画の2つ目として、「トークン型決済」を導入したEC事業者に対し、ペイジェント公認の「トークンペイメントマーク」の無償提供を開始する。

20161121paygent

EC事業者は「トークン型決済」の導入を示す「トークンペイメントマーク」を自社ECサイト上に掲示することで、エンドユーザーに対し、自社ECサイトにセキュアなクレジットカード決済が導入されていることをアピールできるそうだ。

この記事の著者

ペイメントナビ編集部

ペイメントナビ編集部

カード決済、PCI DSS、ICカード・ポイントカードの啓蒙ポータルサイト

page toppagetop